「2015国際総合プロジェクト神戸大会」のご案内

神戸芸術工科大学大学院では国際総合プロジェクト授業の一環として、「2015国際総合プロジェクト神戸大会」を開催します。
海外3カ国の大学から研究者、発表者を招き「東洋と西洋のデザインのこれから」と言うテーマで、基調講演、ワークショップ、研究発表会を行います。
東洋では「陰と陽」・「二律背反」・「壱即弐弐即壱」等、創造や発想のルーツとなるキーワードが沢山存在しています。
本プロジェクトでは、「東洋と西洋のデザインのこれから」というテーマの中で、これからのデザインの方向や在り方について考えてみたいと思っています。
ご興味のおありの方は、奮ってお申し込み下さいませ。(一般参加者先着50名様)
日時:2015年8月19日(水)10:00〜(受付9:30開始)
内容:基調講演 杉浦康平「一即二即多即一」
   ワークショップ カスパー・シュワーベ「ジオメトリックアートから観る陰と陽」
場所:神戸芸術工科大学クリエーティブセンター2階
参加をご希望の方は下記メールのみにて受け付けますので、以下の要領でお申し込み下さいませ。
申し込み先メールアドレス: academic-gsad@kobe-du.ac.jp
申込期間:2015年7月17日(木)〜2015年8月2日(日)
基調講演とワークショップの両方に参加される方は昼食が必要になります。
当日は大学食堂が開いておりますので、各自でご利用下さいませ。
*皆様のメールによる受付確認を行った後、担当者より受付確認メールをお送りします。 2105国際総合プロジェクトポスター

コメント欄は閉じられています。