NEWS

2020年度の大学院入試情報が公開されています。 冊子は大学院事務室で配布中です。 ダウンロード版:2020年度_神戸芸術工科大学大学院入試要項 (Guidelines Document 2020)

大学院の特色

芸術工学のゼネラリストとスペシャリストを、同時に実現する

本大学院では、修士論文(作品)や博士論文に向けた専門的な研究のほかに、日本でも珍しい独自のカリキュラムが組まれています。それは、さまざまなジャンルを横断的に学習していくものです。学部で進めた専門を再び統合することにより、さらに高度な視野をもてるように鍛錬していきます。

修士課程 総合アート&デザイン専攻

「科学と技術」「人間と歴史」「芸術と文化」が融合する「芸術工学」に基礎をおき、社会とつながる実践的教育と研究活動をとおして、デザインとアートにおける構想力・コミュニケーション力・創造性を高めることをめざしています。芸術工学の先端の知を学び、創造的実践を経験するなかで、自ら考え問いをたて、新しい表現やデザインの可能性を見つける力を養い、そこから多様な個性と国際性豊かな創造活動を通じて社会に貢献する人材を育てます。

博士課程 芸術工学専攻

芸術工学は、幅広い学びと分野をつなぐ研究によって新たな価値を生みだす力があると社会から期待されています。博士課程では、これまで修得してきたアートやデザインの専門性を深めるとともに、新たな価値やものの見方を生み出すような斬新な研究テーマを見出し、研究・開発に取り組むことにより、個性豊かな研究者を養成します。それはまた、魅力的で行動力のある教育者の育成にもつながる取り組みです。海外からの留学生も多く、国際的に活躍しています。